玄関りーぐ

ひとついえることは期待していた決起集会も不発に終わって非常にがっかり

なによりも与えたカード以外の部分を見たかったのに

そこをデザインしないまま当日を迎えるという愚者たち

本当に話にならない

フットサル以前の問題

主体性を持って一発ギャグに臨んでもらいたい。

これはネタではなく、ガチだ。

なんせ日曜の玄関リーグの前にアツいモーニングタイムを経てガーデンへ

県リーグの視察へ‥

みんなどんなイメージを持っただろうか‥

この時間が結果に繋がると信じて‥

そして玄関リーグは今回2試合パターン

全勝対決のフォルトゥーナ戦

試合前のアップはよしたいのに結婚式の余興の動画のカメラマンさせてくるアンディ擁するフォルトゥーナ

その内容ノープランで神谷にカメラ構えさせてからテイク4くらいリハーサルしてくるフォルトゥーナ

そんなフォルトゥーナに3-2○

セットプレー重要やけどセットプレーでしか点取れない説。

2試合目のブロッケン戦

疲れてたのか知らんけど覇気を感じない試合。

相手も全く同じ条件。2試合目。人数。

1-2●

今回も熱狂的なサポーターが鈴鹿まで応援に駆けつけてくれてました。

いつも差し入れありがとうございます。

そんな人たちの前で簡単に負けていいのか‥

全てがあっという間に終わっていくぞ‥

2試合とも本当に機械のよう

それほどオートマチックにもなれてないし、マニュアルモードでも当然ない。

普段から何も意識してないのだろう。

ただただサインプレーしたらいいだけ。

やはり自前一発ギャグ放棄のあたりから違和感は感じていた。

主体性をもって何事にも臨まないとムリ

keep on shining‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です